第59回 複合現実感研究会

複合現実感研究会では、下記の通りサイバースペースと仮想都市研究会(SIG-CS)との共催研究会を開催いたします。電子情報通信学会マルチメディア・仮想環境基礎研究会(MVE)、ヒューマンインタフェース学会デバイスメディア指向ユーザインタフェース研究会(SIG-DeMO)とは連催となります。

北海道での連催・共催研究会は、函館、札幌、旭川、釧路、網走、帯広、稚内、根室、利尻島、洞爺湖、小樽、支笏湖、北見、札幌と回を重ねてきました。15回目となる今回は、知床(北海道斜里郡斜里町ウトロ香川)で開催いたします。

多くの皆様に御参加いただき、これまでにも増して活発な議論を行いたいと思います。多数の皆様の発表申込みをお待ちしております。


共催:

サイバースペースと仮想都市研究会(SIG-CS)

連催:

電子情報通信学会メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE)

ヒューマンインタフェース学会デバイスメディア指向ユーザインタフェース研究会(SIG-DeMO)


日時:2019年10月10日(木)、11日(金)

会場: 斜里町 ウトロ漁村センター(北海道)
〒099-4351 北海道斜里郡斜里町ウトロ香川1

議題: 新しいエクスペリエンスを目指すモノづくり・コトづくり・社会展開および一般。本研究会ではAR/MR技術に関する研究発表を幅広く募集いたします。本研究会ではAR/MR技術に関する研究発表を幅広く募集いたします。また、 ふち(縁)・キワ(際)である知床での開催に伴いまして、境界領域の研究発表も募集いたします。


発表申込締切: 2019年8月9日(金)

発表申込方法:
SIG-CS(日本バーチャルリアリティ学会 サイバースペースと仮想都市研究委員会)
SIG-MR(日本バーチャルリアリティ学会 複合現実感研究委員会)< br /> SIG-DEMO(ヒューマンインタフェース学会 デバイスメディア指向ユーザインタフェース研究会)
https://forms.gle/e3kfi6tX9t9gH1yQ7
< br /> 電子情報通信学会MVE研究会
https://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-MVE

原稿送付方法: お申し込み後、追って詳細を連絡いたします。

原稿締切: 2019年9月9日(木)

本共催・連載研究会で発表されるすべての予稿原稿は、電子情報通信学会MVE研究会、日本VR学会サイバースペースと仮想都市研究会、HI学会デバイスメディア指向ユーザインタフェース研究会が発行する冊子体の技術報告に掲載されます。これに加え、複合現実感研究会で発表される予稿原稿は、複合現実感研究会のWebページにも電子的に掲載されます。


問い合わせ先:
複合現実感研究会:酒田 信親(奈良先端科学技術大学院大学)
Email: sakata[at]is.naist.jp
サイバースペースと仮想都市研究会:酒田 信親(奈良先端科学技術大学院大学)
Email: sakata[at]is.naist.jp
MVE研究会:酒田 信親(奈良先端科学技術大学院大学)
Email: sakata[at]is.naist.jp
デバイスメディア指向ユーザインタフェース研究会(SIG-DeMO):酒田 信親(奈良先端科学技術大学院大学)
Email: sakata[at]is.naist.jp

ページのトップへ戻る